磯子海釣り施設研究会

台風24号接近中の9月28日(金)、久々の晴れの一日となり、浅野、西村2名参加の研究会となる。9時30分磯子海釣り施設着、入場料500円を払い桟橋へ。
今回の仕掛け、浅野は投げ釣り、西村さんは餌付けサビキ釣りで開始、西村さんは好調で豆アジ、うみたなご等の釣果。投げ釣り2本針の私は、桟橋下が岩礁の地形のため、根掛かりが多く、仕掛けの付け替えに時間がかかり途中からサビキ釣りに変更。釣れた魚種は、黒鯛、メバル、豆アジ、うみたなご、べら等。西村さん16尾。浅野6尾の釣果。前回の本牧海釣り施設に比べて、今回はアタリも取れ(釣果)楽しめた一日だった。天気もよく、周りの釣り人は40センチサイズのクロダイを数多く揚げていた。
記 浅野

はぜ釣り例会


天候不順により中止になる例会が続いていたが、久々のハゼ釣り例会を迎える。午前8:30根岸駅にて古川さん、西村さん、浅野合流、ほりわり川八幡橋へ向かう。八幡橋手前のえびすや釣具店にて餌(青イソメ)・仕掛け等調達。八幡橋にて、先着の永野さんと合流、計4名参加となります。例年釣っていた廃船の船着場には、釣り船が止まっていたため使用できず、今回は八幡橋を渡りニトリ前でリール釣りになる。釣り始めるがアタリは少なく12:00検量時の釣果は、浅野8尾、永野さん7尾、西村さん6尾、古川さん1尾だった。廻りに4~5名の地元の釣り人もおり、聞いてみるとこの日は同様な釣果だった。並木橋~海だまりの方も釣果がないとの情報もあり、移動はせずに昼食後もここで15:30まで釣って終了とする。最終釣果は、15尾、15尾、12尾、4尾とあまり伸びなかった。型は、15センチ位の良型も混じりハゼの引きを楽しんだ一日でした。次回の爆釣を夢見て、否、信じて岐路につきました。今年の初釣りのハゼは、唐揚げにして酒の肴に美味しく頂きました。次回の例会、研究会には皆様の多くの参加をお願い致します。 記、浅野事務局長

   

永野さん、先にきて沢山釣ったらダメですよ。

  

ヤマベ杯例会

ヤマベ杯は、台風20号による増水のため、中止となりました。

台風20号のため、川は濁って増水し普段は、もう少し下流まで車で行かれるのですが、この通りです。

 

破間川釣行の結果
大雨による被害は、思った以上でした。右沢と左沢の出会いにあった橋は、完全に崩壊しており、破間川上流部に向かう林道はここでストップとなります。右沢はまだ工事中の箇所も多く、右沢、本流ともに岩魚は新たに放流されたもののようです。ずっと上って浅草岳登山道の基点で、広く駐車スペースをとってある辺りまで行って、やっと野生の岩魚に会えるといった感じでした。左沢は、右沢合流から入ると、さらに二つの新しい堰堤を越える必要があり、以前よりずっと難しくなっているようです。

右沢、左沢出合いの橋崩壊休み場にて右沢の放流岩魚本流の放流岩魚下黒姫沢にて名もなき沢の岩魚早川さん苦労の3尾右沢最上流部へ

早川さんは、ずっと腰を曲げたままの釣行を強いられる藪沢で健闘し3尾の岩魚を確保

釣りに親しむ集い開催

釣りに親しむ集い開催

7月14日・15日と続いて、釣りに親しむ集い(仕掛け編・実技編)が行われました。当初は講師陣の不足が心配されていましたが、久しぶりの顔ぶれもあり、元会員の手助けも頂き、何とか魚の姿をみる事もでき、無事成功しました。

釣りに親しむ集い釣りに親しむ集い釣りに親しむ集い釣りに親しむ集い釣りに親しむ集い釣りに親しむ集い

当会もご他聞にもれず老齢化が進んでおり、耳がいい会員の方が少ないくらいで、受講者の皆さんにも行き届かない点もあったかもしれませんが、ほとんどボウズもなく最後には、皆さん笑顔で終わられた事は、大成功だったと思いました。